お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、2024年5月23日(木)を以ちましてイベントサーチAPIの無料での提供の廃止を決定いたしました。
料金・プラン等につきましては後日改めてご案内いたします。詳しくはこちらの お知らせをご覧ください。

お知らせ connpassをご利用いただく全ユーザーにおいて健全で円滑なイベントの開催や参加いただけるよう、イベント参加者向け・イベント管理者向けのガイドラインページを公開しました。内容をご理解の上、イベント内での違反行為に対応する参考としていただきますようお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Aug

26

Vuls祭り#6

脆弱性検知ツール「Vuls」 と、脆弱性管理についてのイベント

Vuls祭り#6
Hashtag :#vulsjp
Registration info

現地参加

Free

FCFS
10/50

オンライン参加

Free

FCFS
89/90

LT枠(5分)

Free

FCFS
0/3

Attendees
mozqnet
しげっち
wengjunxiao
shuuumai
nakacya
kotakanbe
a2
adachin0817
MaineK00n
Siromitu26
View Attendee List
Start Date
2022/08/26(Fri) 19:00 ~ 21:30
Registration Period

2022/08/01(Mon) 12:00 〜
2022/08/26(Fri) 17:00まで

Location

Future株式会社(ThinkPark Tower)

東京都品川区大崎2-1-1 (ThinkPark Tower 9F)

View Map Venue Homepage
参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)

Description

Vuls祭り#6

  • SNS等でのつぶやきは、 #vulsjp や #vuls をご利用ください。

新型感染症の状況により、中止・ライブ配信になる可能性があります

募集は08/01以降としますが、開催1週間前をめどに現地開催有無を検討します

ライブ配信の場合は、本イベントに登録された方にメールでお知らせする形にします。その際は参加受付に「ライブ配信」が追加される予定です。

開催概要

現状を鑑み、人数を制限して現地開催とします。

  • 状況により中止、もしくはライブ配信に変更します。

脆弱性スキャナVulsや、脆弱性対応についての知見を深める祭りです。

前回のVuls祭りからVulsは進化しています。それらの情報を提供するとともに、脆弱性にどのように対応するかの知見を共有していこう、という趣旨のイベントです。

Vulsとは

Vuls とは VULnerability Scanner の略で、Linux/FreeBSD向けの脆弱性スキャンツールです。

開催日時、場所

日時

  • 2022年08月26日(金曜) 19:00 - 21:30(開場18:40、完全撤収22:00)

場所

  • オフライン:Future株式会社

※後段の「現地参加の諸注意」を確認ください。

開催概要

発表者による、発表内容とサマリは以下のとおりです。決まり次第更新します。

時刻 時間 概要 発表者
18:40 20[min] 開場/入場 --
19:00 05[min] 各種注意等前説 運営チーム
@adachin0817
--- --- 第1部 ---
19:05 25[min] 招待講演 脆弱性管理の重要性(仮) 内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)
基本戦略第1グループ 参事官補佐
浦川 隆志様
19:25 25[min] 脆弱性管理できていない場合の被害事例(仮) 株式会社YONA
三国様
--- --- 第2部 ---
19:50 10[min] 休憩/ネットワーキング 参加者
20:00 15[min] Vulsのアップデート情報と未来(仮) Vuls開発チーム
20:15 10[min] Vuls運用事例共有(仮) 日本大学
相川様
20:25 10[min] 脆弱性対応判断指標としてのSSVC Future株式会社
井上様
20:35 10[min] SSVCの実装例(仮) Future株式会社](https://vuls.biz/)
神戸様(FutureVuls
)
20:45 05[min] クロージング/集合写真 運営
20:50 20[min] 撤収 --
21:30 -- 完全クローズ --

発表概要

招待講演「パッチの重要性(仮)」

「昨今のサイバー被害事例を見るに、クライアントやサーバのパッチングの不徹底が目立つこと、パッチングにより大部分の脅威から自社環境を防御できること等を挙げ、」脆弱性管の重要性に言及頂きます。

「脆弱性管理できていない場合の被害事例(仮)」

年間200件以上サイバー攻撃の被害相談を受け、自らもフォレンジック調査を対応されている立場から脆弱性を狙ったサイバー攻撃の手口や被害事例をご紹介いただき、脆弱性管理の必要性について言及頂きます。

Talk-01 「Vulsのアップデート情報と未来(仮)」

前回のVuls祭り#5からのアップデート内容や、今後の発展の方向について言及頂きます。

Talk-02 「Vuls運用事例共有(仮)」

Vulsの運用事例と、CPEによるネットワーク機器の管理について言及頂きます。

Talk-03 「脆弱性対応判断指標としてのSSVC」

カーネギーメロン大学により公開された SSVC:Stakeholder-Specific Vulnerability Categorization について雑多な解説をし、脆弱性判断にどのように使えるか/どのような利点があるか を言及頂きます。

Talk-04 「SSVCの実装例(仮)」

SSVCを実際に使用するにはどうしたらいいのか、FutureVulsでの実装を基に説明頂きます。

現地参加の諸注意

感染症対策の為、以下の行動をお願いします。

  • 咳が出る、熱がある方は、現地参加をお控えください。
  • 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を導入してください。
  • 「密」の回避、大声での会話の自粛、マスク着用の徹底、をお願いします。
  • 入り口での手指の消毒をお願いします。
  • 上記対策を拒否される方は、本イベントへの参加を拒否します。

感染症が発生した場合は、connpassのメール経由で連絡をします。

  • イベント後に感染症となった場合、運営までご連絡ください。

Feed

hogehuga

hogehugaさんが資料をアップしました。

08/31/2022 16:46

hogehuga

hogehugaさんが資料をアップしました。

08/31/2022 16:32

hogehuga

hogehuga published Vuls祭り#6.

07/13/2022 09:38

Vuls祭り#6 を公開しました!

Group

vuls-jp

Number of events 9

Members 1220

Ended

2022/08/26(Fri)

19:00
21:30

You cannot RSVP if you are already participating in another event at the same date.

Registration Period
2022/08/01(Mon) 12:00 〜
2022/08/26(Fri) 17:00

Location

Future株式会社(ThinkPark Tower)

東京都品川区大崎2-1-1 (ThinkPark Tower 9F)

Attendees(99)

mozqnet

mozqnet

Vuls祭り#6 に参加を申し込みました!

しげっち

しげっち

Vuls祭り#6 に参加を申し込みました!

wengjunxiao

wengjunxiao

Vuls祭り#6に参加を申し込みました!

shuuumai

shuuumai

Vuls祭り#6 に参加を申し込みました!

nakacya

nakacya

Vuls祭り#6 に参加を申し込みました!

kotakanbe

kotakanbe

Vuls祭り#6 に参加を申し込みました!

a2

a2

Vuls祭り#6 に参加を申し込みました!

adachin0817

adachin0817

Vuls祭り#6 に参加を申し込みました! 管理者なの忘れてた。

MaineK00n

MaineK00n

Vuls祭り#6 に参加を申し込みました!

Siromitu26

Siromitu26

Vuls祭り#6 に参加を申し込みました!

Attendees (99)

Canceled (3)